« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅  詳細決定しました

朋遊荘特別企画 7月16.17日 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅 のお誘いです。
     
 7月16日(土)は京都祇園祭宵山です。この企画で訪ねる京都の絞り工芸館からの便りで、東北の震災と祇園祭の関係を知ることができました。

*************************************

  祇園祭と東北の震災の結びつき

 京都の祇園祭は貞観11年(869年)に、日本全国に疫病が流行したときに当会近くの神泉苑で執り行われた祭礼にはじまりますが、同じくこの年は、三陸周辺を震源とする巨大地震、津波が発生、壊滅的な被害によって発生した疫病が、現在のような防疫体勢がなかった当時の日本に襲いかかった年でもありました。
 祇園祭は、災厄や疫病と戦いながら、必死で生きていた当時の人々の切なる願いと祈りから生まれたお祭りでした。この偶然とも言える、東北地震と祇園祭との結びつきを考えると、今、この絞り鉾に復興のメッセージを込めることには大変意義がある事と考えます。

*********************************

 絞り工芸館は東北四大祭りの絞りをミニチュアの鉾に飾った展示をします。絞り染めの見事さは一見の価値がありますが、絞り職人さんの話を聞くことで、さらに奥深い絞りの世界を味わうことができます。 http://shibori.jp/pl/ 
 夕食は早めに、二条城前の京都国際ホテル「ほり川」で会席料理を楽しみます。

 その後、祇園祭宵山見学に出ます。
 京都の街のあちこちに華やかな山や鉾が展示され、にぎやかな中にどこか哀愁を帯びた祇園囃子に包まれています。この夜は河原町の月山など大きな山では、中に入って重要文化財級の装飾品を間近に見ることができます。

 夜、8時半ごろ京都を出て、米原の「道の駅近江母の郷 くらしの工芸館」で宿泊します。http://www.omihahanosato.jp/index.html

 翌日は伊吹山ドライブウェイhttp://www.ibukiyama-driveway.jp/index.htmlを使って山頂に登ります。標高1377㍍の伊吹山は岐阜と滋賀の県境に位置し高山植物の宝庫として有名です。イブキの名を冠した固有種が多いところです。初夏のお花畑を散策し、高山植物を心ゆくまで観察しましょう。 ガイド役は茨木の松下誠夫さんです。

 日本の伝統と自然を堪能できる夏の旅です。参加を希望される方は至急お申し込みく
ださい。
  
7月16日(土)
   加古川発                          13:00(JR加古川駅集合自動車乗り合わせ)
                    京都合流も可
   京都着               15:00  
   食事                17:30
   祇園祭宵山見物         18:30~
   京都発               20:30
   道の駅近江母の郷 着(宿泊) 22:00

  7月17日(日)

    道の駅近江母の郷 発     8:00
    伊吹山へ
       山頂駐車場より伊吹山へ(往復3時間) 散策・高山植物観察
       加古川着             20:00

 《補足事項》

宿泊代金は参加人数によって多少の変動はありますが、約4000円です。
夕食は3900円です。
何台かの車に同乗して行く予定ですので、交通費は参加人数で精算します。
ツアーではありませんので、個人の責任でご参加ください。
雨天決行(山頂には行きますが、状況により琵琶湖周辺の見学も検討します)
最寄りのサービスエリア・京都・宿泊施設での合流も可です。申し込み時にご相談ください。

    申し込み先 yuichi-morimoto@nifty。com 森本まで

2011年6月23日 (木)

6月24日(金) カフェファラデーです

6月24日(金)は カフェファラデーです。

19:00~21:00 ファラデーラボは開いています。

自然や科学の話題、夏休みの計画など、週末のひととき、ゆったりとした時間をお過ごしください。

参加費 会員以外の方は300円(施設使用料・飲み物・お菓子代)

会員 200円(飲み物・お菓子代)

特別会員・賛助会員は 無料です。

2011年6月22日 (水)

ササユリ 咲いていました

 高御位山(たかみSasayuriくらやま)は、加古川市と高砂市の市境に位置する山で、標高304.2m。別名播磨富士と呼ばれています。

 6月、この山にササユリがピンク色の花を開きます。凛として梅雨の山に咲く花です。少し時期が遅く心配しましたが、成井登山口から頂上までの間に4株見ることができました。花の多いコースもあるのですが、雨で濡れていたので、傘を差して登れる一般道を登りました。

 6月18日(土) 参加者は4名、午前中2時間の楽しい山登りになりました。

オレンジケーキ美味しくできました

6月19日(日) オレンジケーキを作りました。参加者は9名+子ども1名。このファラデーラボ便りを見て申し込まれた方もありました。

P1150783 ケーキ作り上級者向きのレシピでしたが、中島先生のご指導で、初心者の方も驚くほどうまくできました。

 昼食にはタコライスと畑で獲れた新ジャガと新タマネギのスープ、参加者の方の手作りパン(プロ並み)を食べながら、楽しいおしゃべりタイムを過ごしました。

   これが完成品です!

P1150787 

「感動的なチョウの羽化観察会」 感動しました

6月17日(金)蝶が目の前で羽化するのを見ることができました。  

 講師の高田昌慶先生が、Sanagi_2羽化直前になったアゲハチョウのさなぎを、冷蔵庫で8度以下に保って保管したものを持ってこられました。

Tyouuka_2 クリップライトの光を当て、温度が28度程度になるように保ちます。高田先生が小学校の授業で、目の前で蝶を羽化させ、子ども達が感動して歓声をあげているビデオを見ていると、さなぎがピックと動きました。羽化の始まりです。固唾を飲んで見つめていると、見る見る殻から出てきました。

殻から出てきた蝶は自Tyouuka1_2然界では枝に登りますが、ここでは割り箸につかまらせて取り上げてあげます。

捕まってから少しずつ羽が開きはじめ、約1時間かけて羽が開き乾いてきます。実際に羽が完成して飛べるようになるのは大変で、羽化に失敗する蝶もあります。

Omurasaki_2 これは日本の国蝶オオムラサキです。前日羽化したものです。オオムラサキは羽化の人工コントロールが難しく、目の前で羽化するのを見ることはできませんでした。でも、大きく美しい紫色に輝く羽をもち、素晴らしい蝶です。、驚くほど大きな羽音をたててファラデーラボの中を飛び回っていました。

2011年6月17日 (金)

6月18日(土) 朋遊荘企画   高御位登山 ササユリを訪ねて

高御位(たかみくら)登山 ササユリを訪ねて

ササユリには少し時期が遅くなったかもしれません。遅れ咲きのササユリを探して歩きます。

予定

6月18日(土)  10:00 朋遊荘(ファラデーラボ)集合

         10:10 出発(車で乗り合わせて行きましょう)

         10:25 成井登山口着

         10:30 登山開始

         11:15 高御位山頂着

         11:45 下山開始

         12:15 成井登山口着

         12:30 朋遊荘(ファラデーラボ)帰着

道は整備されていますが、雨で滑りやすいので登山できる靴と服装でおいでください。

伊吹山に向けての足慣らしです。短時間で上れますが、展望の素晴らしい山です。どうぞご参加ください。(申し込み不要 参加費無料)

        

2011年6月13日 (月)

第9回かがくカフェ「感動的なチョウの羽化観察会」再案内

 6月17日(金)第9回かがくカフェ「感動的なチョウの羽化観察会」は、目の前で蝶が羽化するのを見ることができるまたとない機会です。講師は、現役の小学校教諭で、兵庫教育大学・原体験教育研究会の高田昌慶氏です。ぜひ参加していただき、感動的な瞬間を共有しましょう。

 第8回かがくカフェ 「蛍を探しに行こう」は残念ながら雨になりました。翌日晴れたので行ってみたところ、およそ200匹を観察することができました。地元の方のお話によれば、最盛期にはそんなものではなく、蛍が乱舞しているということでした。

 6月17日のかがくカフェの終了後、少し遅くなりますが、蛍を見に行こう思います。お時間のある方は、ご参加ください。観察場所までは、ラボから25分くらいで到着します。

朋遊荘特別企画 7月16.17日 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅

     「京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅」

 7月16日(土)は京都祇園祭宵山です。京都の街のあちこちに華やかな山や鉾が展示され、にぎやかな祇園囃子に包まれています。この夜は河原町の月山など大きな山では、中に入って重要文化財級の装飾品を間近に見ることができます。

 京都は伝統工芸の職人の町です。二条城の近くにある絞り工芸館は、絞り染めという日本の伝統工芸を守り続けているところです。絞り工芸館で、館長の吉岡健治さんにお話を伺い、館長おすすめの京料理屋で夕食をとり、宵山見物に出かけます。

 夜、8時半ごろ京都を出て、米原の「道の駅近江母の郷 くらしの工芸館」で宿泊します。http://www.omihahanosato.jp/index.html

翌日は伊吹山ドライブウェイhttp://www.ibukiyama-driveway.jp/index.htmlを使って山頂に登ります。標高1377㍍の伊吹山は岐阜と滋賀の県境に位置し高山植物の宝庫として有名です。イブキの名を冠した固有種が多いところです。初夏のお花畑を散策し、高山植物を心ゆくまで観察しましょう。 

 日本の伝統と自然を堪能できる夏の旅です。参加を希望される方は、6月末までにお申し込みください。

参加申し込みについて

 日程の詳細に関してはまだ決定していませんが、宿泊施設の予約のため、人数を確定しなければなりません。おおよその行程は以下の通りです。 7月16日(土)

   加古川発                         13:00(集合場所は未定)

   京都着              15::00

     *絞り工芸館 見学 http://shibori.jp/pl/   

     食事   祇園祭宵山見物

   京都発              20:30

   道の駅近江母の郷 着(宿泊) 22:00

  7月17日(日)

    道の駅近江母の郷 発     8:00

      伊吹山へ

   山頂駐車場より伊吹山へ(往復1時間40分) 散策・高山植物観察

   加古川着             20:00

 《補足事項》

  • 宿泊代金は参加人数によって多少の変動はありますが、約4000円です。
  • 何台かの車に同乗して行く予定ですので、交通費は参加人数で精算します。
  • 伊吹山登山には、2コースあります。
  • ツアーではありませんので、個人の責任でご参加ください。
  • 雨天決行(山頂には行きますが、状況により琵琶湖周辺の見学も検討します)
  • 最寄りのサービスエリア・京都・宿泊施設での合流も可です。申し込み時にご相談ください。

    申し込み先 yuichi-morimoto@nifty。com 森本まで

2011年6月10日 (金)

蛍を探しに行こう 雨が降れば

今夜から雨の予報が出ています。

蛍は雨がしとしと降るような夜によく飛ぶといわれています。

ファラデーラボで週末のひととき、お茶を飲みながらリラックスして

蛍と観察の注意点などをお話しして、お天気具合を確かめてから

出かけようと思います。自然観察は、蛍という対象そのものと、

川、地域、時期、天候など、自然の生態系全体を観察しながら

考察することが大事です。雨具合を予想するのも楽しいものです。

 ひどい雨でなければ、足下もよく、人家が点在する場所ですから

実施する予定です。傘を忘れずお持ちください。

 雨がひどくて中止する場合は、カフェファラデーに切り替えて、

蛍や自然の話題、科学の話題などで、週末のひとときを楽しみましょう。

2011年6月 9日 (木)

蛍 飛んでいました

6月10日(金) 「蛍を探しに行こう」の下見に行って来ました。

蛍 飛んでいました。川沿いに平坦な道があり安全な場所です。

近くにスーパーマーケットがあるので、トイレも利用できます。

町のこんな近くで蛍が見られるなんて、驚きです。

19時にファラデーラボに集合して、お茶を飲みながら

蛍のお話をして、時間を待ちます。20時をすぎないと

空は暗くならず、蛍も飛ばないようです。ラボからは

車で25分くらいのところです。

19時40分くらいにラボを出発する予定です。

2011年6月 1日 (水)

ファラデーラボ 2011年夏の予定

ファラデーラボ 2011年夏の予定

・かがくCafeは、19:00~21:00 テーマのある講演会・講習会です。
・Cafeファラデーは、19:00~21:00 自由に実験室を使える時間です。
・朋遊荘企画は、科学とは少しテーマが異なりますが、楽しい企画です。

 
    6月
  3日(金) 第7回かがくカフェ   パキスタン 国と教育
10日(金) 第8回かがくカフェ   蛍を探しに行こう
17日(金) 第9回かがくカフェ   チョウの羽化
18日(土) 朋遊荘企画          高御位登山 ササユリを訪ねて
19日(日) 朋遊荘企画          おいしいオレンジケーキ
24日(金) カフェファラデー

     7月
  1日(金) カフェファラデー
  8日(金) 第10回かがくカフェ  水辺の生き物
15日(金) カフェファラデー
16日(土) 朋遊荘企画           京都祇園祭宵宮と絞り工芸館(続いて翌日) 
17日(日) 朋遊荘企画           伊吹山 高山植物の旅
22日(金) 第11回かがくカフェ  星の観察 交流会
23日(土)~30(土)
     朋遊荘企画           百人一首とカルタの世界の展示

     8月
17(水)~19日(金)         ファラデーラボ 夏の学び舎2011
                 -先生のための自然観察・実験教室-

 ※ 夏休み特別企画 子どものかがく教室 (計画中))

第8回かがくカフェ 「蛍を探しに行こう」

第8回かがくカフェ 「蛍を探しに行こう」

日時 6月10日(金) 19:00~21:00

集合場所 ファラデーラボ

行動予定 ファラデーラボで、蛍の生態についての説明、観察上の注意

       その後、自動車に乗り合わせて、蛍の観察地に向かいます。

       観察場所は、姫路か加西市の予定です。

       当日の蛍発生状況に応じて決定します。

準備するもの 長袖、長ズボン、懐中電灯

参加費  会員200円 特別会員・賛助会員無料 一般 300円

      (施設利用料 ドリンク お菓子代込み)

第9回 かがくカフェ  「蝶の羽化」

「感動的なチョウの羽化観察会へのご案内」

日時 6月17日(金) 19:00~21:00

講師 兵庫教育大学・原体験教育研究会 高田昌慶氏

Photo_3   

チョウの多くは、鳥などの天敵に捕食されないよう、夜間に羽化します。ですから、朝になって気づけば、いつの間にか羽化していたという場合がほとんどでしょう。
 何とかして小さな命が躍動する羽化の瞬間を、児童に授業時間内に目の前で見せて、感動を共有したい。そういう強い願いで、矢野幸夫先生が開発された羽化時間のコントロール法で、任意の時間に羽化させることができるようになりました。

Photo_4  モンシロチョウが扱いやすいのですが、よりダイナミックに羽化を観察できるアゲハを用意しています。この機会に、目の前でじっくりと羽化する瞬間を観察してみませんか。
 今回は、国蝶オオムラサキの成虫を手にのせて観察することもできます。ビデオやデジカメをご準備いただき、お誘い合わせのうえご参加くださいますようご案内申し上げます。

参加費 会員200円 特別会員・賛助会員無料 一般 300円

     (施設利用料・ドリンク・お菓子代含む)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31