« 7月22日(金) 第11回かがくカフェ 星の観察と交流会 | トップページ | 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅 4 »

2011年7月20日 (水)

京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅3

Image118

 伊吹山は古生代(2奥千万年前の海底の地層が隆起した山で、山頂付近は石灰岩でできています。石灰岩中にはフズリナやウミユリの化石が見られます。駐車場から山頂まで全体が高さ50cmほどの高山植物でびっしりと埋め尽くされています。背の高い高山植物が密集して生えているところが、北アルプスなどのお花畑とは異なる特徴です。私たちは花の多い西遊歩道を通って山頂に登りました。

駐車場から登りはじめて100m進むのに30分以上かかりました。この100mほどの間にたくさんの高山植物があり、写真を撮って解説を聞いていると蝸牛の進む速さになってしまいます。 伊吹山には「イブキ」と名前が付いた植物がたくさんあります。

Image013_3

 イブキトラノオ

 伊吹山で最初に発見され、多数産するから名付けられました。

Image073_4

イ ブキフウロ

 ハクサンフウロに似ていますが、花びらに切れ込みがあるのが特徴です。

Image122 

イブキジャコウソウ

 山頂付近に咲いていました。全体にいい香りがあります。

Image143

クガイソウ

 葉が4~6枚輪生して階段状につくので、「九蓋草」または「九階草」と呼ばれます。

« 7月22日(金) 第11回かがくカフェ 星の観察と交流会 | トップページ | 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅 4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅3:

« 7月22日(金) 第11回かがくカフェ 星の観察と交流会 | トップページ | 京都祇園祭宵山と伊吹山高山植物の旅 4 »

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31