« 朋遊荘企画 「台湾 料理と文化」 追加・改訂 | トップページ | ガラス細工と実験 日程再変更します »

2011年10月23日 (日)

第16回 かがくカフェ  国と教育~ザンビア~

 第16回 かがくカフェのご案内です。

日時  10月28日(金) 19:00~21:00

講師   司 (かがく教育研究所理事)

     JICAシニア海外ボランティア・元県立高校理科教諭

テーマ  国と教育 ~ザンビア~

参加費  会員以外の方は300円(施設使用料・飲み物・お菓子代)
      会員  200円(飲み物・お菓子代)
      特別会員・賛助会員は 無料です。

内容紹介

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 アフリカの自然は大地溝帯が作り出した。人類が樹上生活から大地に降り立ったところもアフリカだ。いつの頃からか、そんなアフリカにぜひ行ってみたいと思うようになった。

   2001年の夏、取り寄せたシニア海外ボランティアの募集要項に、理数科教材開発、ザンビア共和国があった。私はさっそく受験準備に取りかかったが、妻は大反対だった。治安の悪さと、マラリアなどの風土病のためだ。しかし、早朝のラジオ講座を聞き始めて1ヶ月、「受かったら行ってもいい」と言ってくれた。2002125日、合格通知をもらった私は、定年を1年残して退職することにした。26日、研修のために東京に向かう新幹線の中で、私は「もう一度青春」という気分だった。

赴任したザンビアの気候は、年中さわやかで、まるで軽井沢にいるようだった。私が派遣された2002年~2004年、ザンビアは長引く不況とエイズの蔓延にあえいでいたが、ザンビアの貧しさは、私に子どもの頃の日本の貧しさを思い出させ、妙に懐かしい気分の2年間だった。私の仕事は、国立科学センターで、身近な素材を用いた実験器具を開発することであった。実験験三昧の毎日は、ちょっとファラデーの気分だった。

(当日は出来るだけたくさんの写真をお見せしたいと思っています。)

Image002_3

Image004_3

Image006

 

« 朋遊荘企画 「台湾 料理と文化」 追加・改訂 | トップページ | ガラス細工と実験 日程再変更します »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 かがくカフェ  国と教育~ザンビア~:

« 朋遊荘企画 「台湾 料理と文化」 追加・改訂 | トップページ | ガラス細工と実験 日程再変更します »

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30