« 夏の学び舎報告 | トップページ | 朋遊荘企画 「煎茶を楽しむ」 »

2012年8月28日 (火)

身近な草木で染めてみました(8月19日)

  昨年は、生藍の染めを体験しましたが、今年は、身近な材料を使って草木染めに挑戦しました。材料はブドウの皮・バラの花びら・庭に生えている雑草(オオアレチノギクと大待宵草)の4種類です。それらを、それぞれミキサーにかけ、60度の媒染剤(ミョウバン、鉄など)を入れて浸すこと2時間余り。

後は、液を洗い流し、軽く絞ってお日様に当てると、こんなきれいな色に染め上がりました。誰にでも簡単に手に入れられる材料で、染色できることに、また、その色の鮮やかさに感動したひとときでした。今度は、なすの皮で染めよう、桜の落ち葉でと、まだまだ草木染めの企画は続きそうです。

 今回は、染色した布を使って、色見本にも使えるコースター(小物置き)を作ってみました。土台は古い浴衣です。

Bara_2

    真紅のバラの花びら

Someeki_2

                    染め液に布を浸したところ

Kanso_2

Kusaki                上左より バラ、ブドウ、オオアレチノギク

         下左より 大待宵草(鉄媒染)、大待宵草(ミョウバン)、バラ(酢酸)

« 夏の学び舎報告 | トップページ | 朋遊荘企画 「煎茶を楽しむ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近な草木で染めてみました(8月19日):

« 夏の学び舎報告 | トップページ | 朋遊荘企画 「煎茶を楽しむ」 »

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31