« 第30回かがくカフェ 「国と教育 バヌアツ」 | トップページ | 第30回かがくカフェ「バヌアツ 国と教育」参加者特典です »

2012年9月 2日 (日)

第30回かがくカフェ 「国と教育 ヴァヌアツ共和国」

JICAシニア海外ボランティア 石原 武司

                        

Photo_2 2004年3月末ザンビアから帰国後、再度シニア海外ボランティアに応募、2004年10月から2年間、今度は南太平洋のヴァヌアツ共和国に派遣されることになった。

ヴァヌアツはザンビアとほぼ同緯度の南緯18度にあるが、一方はアフリカ大陸の陸に囲まれた内陸国であるのに対し、ヴァヌアツは南太平洋の約80の島々からなる島国であった。ヴァヌアツも国民ひとり当たりのGDPはザンビアと余り変わらないが、ザンビアのような悲壮感は感じられなかった。それどころか、英国のシンクタンクは、2006年、この国を「幸福度世界一の国」として発表した。 

この国での私の仕事は、JICAが供与した実験器具の修理、理科の先生に対する理科実験研修、そして10~12年生に週5コマの授業をすることであった。

○ ヴァヌアツ共和国の概要

[国土]  位置は南緯18度、ケアンズの東2500kmにあり、Y字型に並ぶ大小83の島々からなる。ほとんどの島は火山島で、9つの活火山がある。総面積は1.2万平方kmで新潟県とほぼ同じ。

[独立] 1980年8月(それ以前は英仏共同統治)

[人口] 21.5万人(宝塚市とほぼ同じ)

[首都] ポートビラ(エファテ島、人口3.3万人)

[人種] メラネシア系93%、英・仏系2%、中国系、ベトナム系等

[言語] 公用語はビシュラマ語(ピジン英語)、英語、仏語の3つ。現地語は100以上

[宗教] 90%がキリスト教徒

[平均寿命] 69才   [乳児死亡率] 32.4人(日本は4.0人)

[主要産業] 自給自足的農業(国民の70%が就業)、観光(年間約10万人、日本から約千人)

[主な輸出品] コプラ(ヤシの果肉、石鹸の材料)、牛肉、カヴァ、木材、コーヒー

[国民1人当たりのGDP] 1,600US$(日本の約1/20)

[学制] 小学校6年、中学校4年、高校2年/3年(大学進学者のみ)、

[就学率] 小学校:ほぼ100%、中学校:40%、高校:12%、高等教育:5%

« 第30回かがくカフェ 「国と教育 バヌアツ」 | トップページ | 第30回かがくカフェ「バヌアツ 国と教育」参加者特典です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第30回かがくカフェ 「国と教育 ヴァヌアツ共和国」:

« 第30回かがくカフェ 「国と教育 バヌアツ」 | トップページ | 第30回かがくカフェ「バヌアツ 国と教育」参加者特典です »

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30