« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

かがくカフェ 「骨のかがく」 報告です。

第41回 かがくカフェ 「骨のかがく」 報告です。

 6月22日(土) 「骨のかがく」は、10名参加でした。

 講師の三上周治さん(京都橘大学人間発達学部教授)が、ツキノワグマの全身骨格6体を初め、たくさんの頭骨標本を自動車に満載してファラデーラボに来てくださいました。

 

Tukinowaguma 人間の骨格標本模型とツキノワグマの全身骨格(実物)を比較してみるというのが実習でした。

プラスチックケースに入れられた一頭分のツキノワグマの骨を、3人一組で協力して床にならべました。どこの位置かわからないバラバラの骨を、人の骨格と比較しながら並べていくと、ほとんど形も大きさも同じであることがわかりました。

Honehikaku

Hikaku

三上さんは小学校の授業でこの実習をしていたということですが、20分から40分で完成していたということです。外見上全く異なる人とツキノワグマの骨格が、ほとんど同じであることに驚き、感動しました。Honerekisi

 

 違いは頭骨と手足の骨と骨盤でした。人の骨盤の幅はクマの2倍もありました。二足直立歩行したために、4つ足に比べ足が支える体重が二倍になりました。それを支える足の骨が大きくなりました。脳を収容する頭蓋骨が大きくなり、他のほ乳類より長期間胎児として母体内にいて成長するため、骨盤が大きくなったそうです。それぞれの骨のパーツに歴史があることを教えていただきました。

 Kotuban

 

「骨」はちょっと異様な馴染みにくいものでしたが、今回のかがくカフェで、骨は生物の基本であり、本質であり、進化の歴史を教えてくれるものであることを学びました。

2013年6月 2日 (日)

第41回かがくカフェ 骨のかがく ご案内

 第41回 かがくカフェ 「骨のかがく」 ご案内です。

  6月 8日(土)開催の予定でご案内していました 骨のかがく(頭骨標本)は、

都合により、6月22日(土)に変更します。

ご連絡が遅くなり、申し訳ありません。

とても興味深い内容です。ぜひご参加ください。

 テーマ 骨のかがく

 講師 三上周治さん(京都橘大学人間発達学部教授)

 場所 ファラデーラボ

     加古川市平荘町一本松637-5

    http://foryouso.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/10/30/1.jpg

 日時 2013年6月22日(土) 14:00~16:00

 内容 ツキノワグマの全身骨格標本(実物)などを元に、

     骨の構造から動物を見てみるという視点でお話しただきます。

 参加申し込み  faradaylab@nifty.com 森本までメールください。

 参加費 100円(施設利用料)、カフェ代200円別途

       会員割引は通常通りです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31