« かがくカフェ 左巻健男氏講演会の報告 | トップページ | かがくカフェ 「漆のかがく」報告 »

2014年11月14日 (金)

かがくカフェ 「漆のかがく」 のご案内

 うるし 漆器は英語で「japan」と呼ばれ、日本を代表する伝統工芸品です。プラスチック、合成樹脂全盛の現代で、漆は化学が発達していない古い時代の産物と思われがちです。しかし、漆は実は驚くほどすぐれた性質をもった塗料なのです。
 5500年前の縄文時代の遺跡からも発掘されており、耐酸性、耐アルカリ性、耐薬品性に優れ、王水でも冒されないそうです。最近の安いプラスチック製品は、数年で壊れてしまいますが、日本製のプラスチックは数十年もつものがあります。それに対して、漆は100年を超える合成樹脂より優れた耐久性をもっています。
 この夏、国立京都近代美術館で開催された展覧会「うるしの近代」をきっかけに、京都漆器青年会 佐藤貴彦氏に「漆のかがく」について、講演していただくことになりました。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/urushi/urushite/urushite.html
午後には漆塗り体験も行います。科学と伝統文化のコラボ企画です。得難い機会ですので、ぜひご参加ください。午前のみ、午後のみの参加も可能です。
日時  11月24日(月)
 
 午前の部 10:30~12:00
        午前の講演 「漆のかがく」
            漆のサイエンスについての講演
 午後の部 13:00~16:00  
        午後の講演 「漆の魅力」
           漆器の性質、扱い方とその魅力についての講演
           漆絵・蒔絵体験 
              漆塗の箸または漆塗の丸皿にさまざまな色漆で絵付けをします。
              金銀粉、金箔を使った簡単な蒔絵も体験いただけます。
講師  京都漆器青年会 佐藤貴彦氏
       (株式会社佐藤喜代松商店 代表取締役)他数名
 
参加費   500円+材料費(箸または皿)3000円        
         (講演のみの場合は500円)
1
申し込み方法  
          Faxまたはメールで、お名前、連絡先、 箸または皿かをご連絡ください。
 
 ★どなたでもできる様に指導していただきますので、 ご家族でお気軽にご参加ください。  ★午後のみ、午前のみの参加も可能です。  
 
    〒675-1236 加古川市平荘町一本松637-5        
     tel/fax 079-439-6882 mail: faradaylab @ nifty.com

« かがくカフェ 左巻健男氏講演会の報告 | トップページ | かがくカフェ 「漆のかがく」報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571846/60653273

この記事へのトラックバック一覧です: かがくカフェ 「漆のかがく」 のご案内:

» かがくカフェ「漆のかがく」 [サイエンスカフェ・ポータル]
●かがくカフェ「漆のかがく」 日時 :2014年11月24日(月)10:30~16:00 場所 :ファラデーラボ     加古川市平荘町一本松637-5 テーマ:漆のかがく ゲスト:佐藤貴彦さん(株式会社佐藤喜代松商店) 参加費:500円+材料費(箸または皿)3000円 申込み:必要 主催…... [続きを読む]

« かがくカフェ 左巻健男氏講演会の報告 | トップページ | かがくカフェ 「漆のかがく」報告 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31