« 第60回かがくカフェ 「ウミホタルのかがく」 報告 | トップページ | 夏の学び舎 »

2015年6月17日 (水)

第61回かがくカフェ 「特別支援と理科」のかがく 

第61回かがくカフェ「特別支援と理科」のかがく のご案内です。

日時 7月4日(土) 14:00~16:00
講師 斉藤 治さん (神戸聴覚特別支援学校)
内容 「特別支援と理科」のかがく

       1 認知・支援のかがく
       2 目指すものと、インクルーシブ教育
       3 理科教育での実践例
          ①回路カードを使った実践
           小学校の通常学級での研究
           聴覚特別支援学校の中学部での実践
          ② その他の実践
       4 質疑、検討会


参加費 500円
参加申込み faradaylab @  nifty.com までメールください。
~ 特別支援や認知を理科の授業に取り入れて、楽しく分かる授業を ~

 日本の理科教育においては、「理科離れ」「PASAショック」などが大きな
問題とされてきましたが、近年は様々な取り組みによって改善されてきているという
報告がなされています。一方で、特別支援教育や認知からの教育改善も研究が進み、
それらの成果も明らかになってきました。
 この間、世界において教育はインクルーシブ化が潮流となりつつあり、
日本においても、発達障害や障害をもつ子どもへの合理的配慮が求め
られるようになりました。
 特別支援教育からの視点を取り入れ、より多くの子どもたちが、理科を
楽しいと感じ、分る授業を創っていくためには、どうすればよいか。
この問題を解決した授業ができれば、子どもの困難を大きく改善できると思います。
 大学院で研究しているうちに、理科の教員は特別支援教育においても
重要なキーパーソンではないかと思うようになりました。それらを実践例を
もとに提言しつつ、参加された皆さまと検討していきたいと思っています。

 ※グラフ用紙や教材データをお分けします。
  必要な方はUSBメモリ等をお持ちください。

« 第60回かがくカフェ 「ウミホタルのかがく」 報告 | トップページ | 夏の学び舎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第61回かがくカフェ 「特別支援と理科」のかがく :

» 第58回 かがくカフェ「「特別支援と理科」のかがく」 [サイエンスカフェ・ポータル]
●第58回 かがくカフェ「「特別支援と理科」のかがく」 日時 :2015年 7月 4日(土)14:00~16:00 場所 :ファラデーラボ     加古川市平荘町一本松637-5 テーマ:「特別支援と理科」のかがく ゲスト:斉藤 治さん(神戸聴覚特別支援学校) 参加費:500円 申込み:…... [続きを読む]

« 第60回かがくカフェ 「ウミホタルのかがく」 報告 | トップページ | 夏の学び舎 »

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30