« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

第71回かがくカフェ 「児童・生徒実験のかがく」

第71回かがくカフェのご案内です。


 テーマ 「児童・生徒実験のかがく」


 日時 2016年10月15日(土)14:00~16:00


 場所 ファラデーラボ


 講師 森本雄一(かがく教育研究所代表)


 内容 理科教育において実施される児童・生徒実験について、
     その意義と問題点について、参加者自身が実験しながら考えます。


     1 「回路カード」を使い、電磁気分野をテーマとします。


     2 次の視点から考えます。
       (1)マイクロスケール実験
       (2)アクティブラーニング
       (3)仮説実験授業
       (4)アームストロングの発見的教授法


 テーマ設定の背景 
 1「理科」は「科学」を教える授業なのか。
 2 理科の授業でどの程度児童・生徒実験が実施されているのか。
 3 児童・生徒実験の目的と意義は何か。
 4 教科書には実験結果が書かれているいるのに、実験して異なる結果が出たらどうするのか。
 5 仮説実験授業では、なぜ児童・生徒実験ではなく、演示(教師)実験を行うのか。
 6 「理科」の授業を、科学的な考え方を学ぶための授業にするには、実験をどのように取り入れて行けばいいのだろうか。


 
 ※ 回路カード実験セットを使いワークショップ、模擬授業形式で行います。
 
  

終了後 ティータイム交流会
    どなたでも実験・観察、授業実践、話題提供などを、
   参加者のみなさんに紹介していただく時間です。
   物品配布・販売も歓迎です。


18:00 終了予定

参加費  500円(学生200円)

申し込み ファラデーラボ(かがく教育研究所)
      メール faradaylabあnifty.comまで 
      ”あ”は@に変えてください。 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31