« 第102回かがくカフェ「中学校理科授業のかがく」ご案内 | トップページ | サマーレクチャー「ロウソクのかがく」 »

2019年7月17日 (水)

第103回ファラデーラボかがくカフェご案内

Img_20190711_151817

(少し古いですが、中学生の作例です)

第103回ファラデーラボかがくカフェ
「原子・分子のかがく」のご案内です。
 日時   2019年7月21日(日) 14:00~18:00
 場所   ファラデーラボ(加古川)
        兵庫県加古川市平荘町一本松637-5
 プログラム
  第1部 14:00
  テーマ 「原子・分子のかがく」
  話題提供  森本雄一(かがく教育研究所)
  内容紹介 
   3つの工作ワークショップと、授業への活用についての議論
   1 発泡スチロール分子模型作り
   2 ビー玉原子模型モビール作り
   3 BB弾原子核模型作り
  詳細
  古代ギリシャ時代から「すべてのものは原子からできている」
  という原子論があり、現在では小学生でも知っています。
  しかし、空気が、重さ(質量)を持つ酸素や窒素の分子と
  真空からできているということはイメージしにくいものです。そこで、
  1 着色した発泡スチロール球を使って、窒素と酸素の1億倍の
   分子模型を作り、空気のイメージを可視化します。
 2 分子模型を電子天秤の上に乗せ、個数と質量の関係から
   (明白ですが)圧力の説明をします。
 3 ビー玉(赤2個、青2個)とビーズ2個を使って、ヘリウム原子
   モビールを作り、原子構造をイメージします。
 4 赤色(陽子)と青色(中性子)のBB弾を使って、原子番号1の
   水素から原子番号6の炭素までの原子の原子核模型を作ります。
 5 小学校、中学校、高校まで、それぞれの学習課題に役立てる
   方策について提案し、実践について交流します。
 6 特に、必然的に出てくる、真空、万有引力、電気力(クーロン力)
   浮力、圧力、質量保存則、モル、化学反応式など、理科嫌いを
   誘発しそうな項目の扱いについてこれらの模型が理解にどう
   役立てるか、議論したいと思います。
 第2部 16:00 ティータイム交流会
   実験・観察、授業実践、話題提供などを、参加者のみなさんに
   紹介していただく時間です。物品配布・販売も歓迎です。
      17:40 終了・片付け 
      18:00 解散 
  参加費   1000円(無給学生の方は200円)
申し込み 7月19日(金)までにメールでお申込みください。
        faradaylabあnifty.comまで、お名前・所属等を記入して下さい。
        (注 「あ」は@に変えてください)
 アクセス 兵庫県加古川市平荘町一本松637-5(駐車20台可)
       ●バス時刻改正により、開会に間に合うダイヤがなくなりました!
    ★JR加古川駅送迎希望の方は、申込時にその由ご連絡ください。
******************************
 かがく教育研究所
 代表  森 本 雄 一 
ブログ「ファラデーラボ便り」
  http://foryouso.cocolog-nifty.com/blog/  〒675-1236 兵庫県加古川市平荘町一本松637-5   
******************************

« 第102回かがくカフェ「中学校理科授業のかがく」ご案内 | トップページ | サマーレクチャー「ロウソクのかがく」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第102回かがくカフェ「中学校理科授業のかがく」ご案内 | トップページ | サマーレクチャー「ロウソクのかがく」 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31