« 第19回「オンラインかがくカフェ」のご案内 | トップページ

2022年9月19日 (月)

「実験で楽しむ 宮沢賢治・銀河鉄道の夜」

第136回 かがくカフェのご案内です。
日 時 :2022年9月25日(日) 13:00~17:00  
(※今回は13時からです。ご注意下さい)
場 所 :ファラデーラボ(加古川)
兵庫県加古川市平荘町一本松637-5
第1部 13:00~15:00
<テーマ> 
「実験で楽しむ 宮沢賢治・銀河鉄道の夜」
<話題提供>  
四ケ浦 弘さん 金沢・金の科学館
https://www.facebook.com/groups/688237775431706/user/100003877204745/
<内容>
「銀河鉄道の夜」にはたくさんの科学的な表現が出てきます。
それが物語を魅力的にも難解にもしているのです。ところが、
それらをストーリーに沿って実験で体験してみると、そこに
込められた宮沢賢治の想いが浮かび上がってくることに驚きます。
体験して頂く実験は次のようなものです。
ご一緒に賢治の世界を楽しみ ましょう。
・1つのプラコップでトチノキの蛍光
・ミルキーウェイ、カラスウリの船を体験してもらい、
・鳴き砂と摩擦発光
・ラジオメーターもそれぞれに体験してもらおうと思っています。
・「それらを会場にならべ天の川をつくる」というのもやりたいのです。
四ケ浦さんの活動が、【天声人語】2022-2-10に紹介されました。以下抜粋です。
★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ 
・・・初めて読んだ子ども時代に戸惑ったことが一つある。難解な科学用語だ
▼たとえば銀河鉄道の車窓から見た「サソリの火」。〈リチウムよりもうつくしく
酔ったようになってその火は燃えている〉と賢治は書くのだが、リチウムの色を
知らない。光を中にたたえた水晶、なるものが実在するかどうか判然としない。
大人になって再読しても、同じところでつまずいた。
▼・・・石川県内の大学と高校で理科を教える四ヶ浦弘さん(67)は・・・
賢治が詩や童話で描いた科学現象を実験で再現する出前講義を続けてきた。
朗読に実演を組み合わせた化学ショーで「サソリの火を」と希望されれば、
カセットコンロで粉状の塩化リチウムを燃やして紅色の炎を披露する。
聴衆の顔がパッと輝くそうだ▼取材の際、実験をさせてもらった。手に取った
棒状の水晶2本をこすり合わせれば、あら不思議、わが目の前で黄金色の光が
飛び散る。少年カムパネルラが銀河で見たのはこの閃光だったか。
長年のモヤモヤが一瞬で消えた▼・・・
★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ ・ ★ 
ティータイム  15:00~15:15(15分)
第2部         15:15~17:00
      実験・観察、授業実践、話題提供などを、
      参加者のみなさんに紹介していただく時間です。
      物品配布・販売も歓迎です。
 申し込み〆切り :2022年9月22日(木)
1 リアル参加については、20名を超えた場合は その時点で申し込みを終了させて頂きます。
2 zoomで参加ご希望の方は人数制限はありませんが、
申し込みをお願いします。
★申し込みURL   https://forms.gle/fUZTybMU6oXq3Uw76    受付メールでzoomのURLをお知らせします。
 ★新型コロナウィルスの感染状況により、延期や内容変更
(zoomのみ)など変更になることがあります。
参加費 :1000円 (無給学生の方は200円) zoom参加は無料です。
※リアル参加される方は必ず検温・消毒・マスク着用をお願いします。
※連絡後、変更のあった場合は、再度、新しい内容で送信してください。
※ Zoomアクセス先はお申込みの返信メールに記載しております。
☆ ファラデーラボの今後の予定はこちらをご覧ください  ☆
       https://flab.eneene.com/kongo.html

« 第19回「オンラインかがくカフェ」のご案内 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第19回「オンラインかがくカフェ」のご案内 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30